医療法人社団誠林会
横田・西条・成美地域包括支援センター
センターの概要
活動計画
トップへ戻る
ほんごうハヤシ整形外科クリニックサイトへ
介護老人保健施設やすらぎサイトへ
やすらぎ在宅介護支援センターサイトへ
求人情報
top>地域包括支援センターの活動 TOP

1.一次予防事業

(1)元気はつらつ倶楽部
 地域の公民館を会場に、地域の高齢者の方に介護予防の基本的な知識(運動器の機能向上・口腔機能の向上・栄養改善・閉じこもり予防など)を知ってもらうための教室を開催します
対象者 概ね65歳以上の高齢者
回 数 年間36回開催
内 容 介護予防(運動器の機能向上・口腔機能の向上・栄養改善・閉じこもり予防など)
会 場 地域の公民館

 

(2)いきいき倶楽部(認知症・うつ・閉じこもり予防講座)
 地域の高齢者の方を対象に、脳の活性化を目的としたプログラムを実施し、認知症、閉じこもり等の予防のための教室を開催します。
対象者 概ね65歳以上の高齢者
回 数 年間21回開催
内 容
  • 臨床美術プログラム
    (脳の活性化)
  • 知的活動プログラム
    (園芸・脳トレーニング等)
  • レクリエーション活動
    (ゲーム・頭の体操等)
会 場 地域の公民館

 

(3)生きがい湯ったり教室
 高齢者の社会的孤立感の解消や閉じこもり防止、心身機能の向上を目的とし、地域の銭湯でレクリエーション活動などを通じて、人との交流を楽しむ機会を持っていただきます。
対象者 概ね65歳以上で、@ひとり暮らし高齢者、A高齢者のみで生活しておられる方、B日中ひとり暮らしとなる高齢者のいずれかに該当する方
回 数 年間4回開催
内 容 健康チェック・健康相談、レクリエーション活動、会食、入浴
会 場 地域の銭湯

 

   (4)足腰・げんき倶楽部

 
対象者 概ね65歳以上の高齢者
すこやか運動教室終了者のうち膝痛・腰痛対策プログラム希望者
回 数 6回 1コース
内 容 膝痛・腰痛予防プログラム
情報提供・日常生活指導等
会 場 地域の公民館

 

2.二次予防事業
 元気づくり高齢者(二次予防事業対象者)で、教室の参加の同意を得た方を対象に、介護予防プランを作成し、その方に適した介護予防教室に繋げ、心身の状態の向上を図ります。

対象者 概ね65歳以上で、要支援または要介護になる恐れが高いと認められる元気づくり高齢者(二次予防事業対象者)

1.すこやか運動教室
 地域の公民館などにて、運動器の機能低下の恐れがある方を対象として、機能の低下を予防するための運動を教わります。
回 数 月4回で1クール3か月間(計12回)
年間4クール(概ね48回)開催
内 容 ストレッチ・バランス体操・筋力アップ体操 等
会 場
  • 羽広公民館
  • スポーツドームエアーズ
※会場の掛け持ちはできません。

A栄養とお口の健康教室
 口腔機能低下の恐れがある方を対象として、口腔機能の低下を予防するための方法を教わります。
回 数 月2回で1クール3か月間(計6回)
年間4クール(概ね24回)開催
内 容 栄養とお口に関する講話・個別相談、お口の体操、お口を使ったゲーム、歯磨きや入れ歯の手入れの指導、おやつ作り等
会 場 介護老人保健施設やすらぎ

 

3.認知症地域説明会
 地域のみなさまに、認知症や認知症予防について正しく理解していただくことを目的とし、出前講座を開催します。
対象者 地域の高齢者、認知症に興味をお持ちの方
回 数 年間5回開催
内 容 認知症とは・認知症の方への接し方、認知症予防についての講話や体操
会 場 地域の公民館 等

 

4.家族介護教室
 要介護高齢者(主として認知症高齢者)を介護しておられる家族や近隣の援助者等を対象に、介護の方法や介護予防・介護者の健康づくり等についての知識・技術を習得していただくための教室を開催します。
対象者 要介護高齢者(主として認知症高齢者)を介護をしている家族や近隣の援助者等
回 数 年間2回開催
内 容 介護技術についての実技指導、介護や介護予防についての講話
会 場 介護老人保健施設やすらぎ 等

 

ページのトップへ戻る▲

 

 

地域包括支援センターの役割|地域包括支援センターの活動|TOP誠林会HOME

■各施設サイト
||ほんごうハヤシ整形外科クニック介護老人保健施設やすらぎ
やすらぎ在宅介護支援センター
copyright 2009(c) SEIRINKAI Allrights reserved.