医療法人社団誠林会
横田・西条・成美地域包括支援センター
センターの概要
活動計画
トップへ戻る
ほんごうハヤシ整形外科クリニックサイトへ
介護老人保健施設やすらぎサイトへ
やすらぎ在宅介護支援センターサイトへ
求人情報
top>地域包括支援センターの役割 TOP

地域包括支援センターは、高齢者のみなさまの総合相談窓口です。

(1)悩みや相談に対応します。【総合相談支援】 
  • 地域の高齢者のみなさまが、安心して生活を続けることができるように、どのような支援が必要かを把握し、適切なサービス、関係機関、または制度の利用につなげる等の支援を行います。
  • 来所、電話による相談の対応以外にも、介護に関する相談や心配ごと、その他健康・福祉・医療など、問題に応じて戸別訪問します。

 

(2)自立した生活を送ることができるように支援します。【介護予防ケアマネジメント】
  • 1人で買い物に出かけたい、栄養バランスを考えて料理を作れるようになりたいなどの意向に添って、みなさまが出来る限り在宅で自立した日常生活を継続できるように、『運動器の機能向上』『栄養・口腔機能向上』などの教室への参加につなげ、介護予防を推進します。
  • 要支援1・要支援2と認定された方が介護予防サービスを利用される際には、介護予防プランを作成し、適切な介護予防サービスを受けられるように支援します。

 

(3)みなさまの権利を守ります。【虐待の早期発見・防止など権利擁護】
  • 財産の管理や、契約に不安がある方の相談に応じます。社会福祉協議会が行う日常生活自立支援事業に繋げたり、成年後見制度の申し立て手続きの支援をします。
  • 平成18年4月に施行された「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」等に基づき、虐待事例を把握した場合、高齢者宅を訪問し状況確認し、適切に対応します。

 

(4)様々な方面からみなさまを支えます。【包括的・継続的ケアマネジメント支援】
  • 高齢者のみなさまへの直接の支援の他に、地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるように、医療やボランティアなど関係機関との連携や協力体制を作ります。

 

地域全体の相談に幅広く対応できるように、以下のことに取組んでいます。
●認知症高齢者見守り支援
 認知症コーディネーターが中心となり、地域の中で、見守り等何らかの支援を要する認知症高齢者に対し、家族や各関係機関と共に支援体制を作るための調整を行います。

●地域福祉ネット構築(高齢者実態把握)
 担当地区にお住まいの高齢者の状況を把握するため、戸別訪問し、お話を伺います。

●地域ケア会議開催
 専門多職種・地域住民協働による「地域ケア会議」を開催し、高齢者個人に対する支援の充実を図るとともに、それを支える社会基盤整備を行います。

●主任ケアマネジャーによるケアマネジャー支援
 専門的な見地から、地域の介護支援専門員の相談に応じ同行訪問やサービス担当者会議の開催支援を行います。


ページのトップへ戻る▲

 


|地域包括支援センターの役割|地域包括支援センターの活動TOP誠林会HOME

■各施設サイト
||ほんごうハヤシ整形外科クニック介護老人保健施設やすらぎ
やすらぎ在宅介護支援センター
copyright 2009(c) SEIRINKAI Allrights reserved.